自己紹介

佐海隆夫と申します。
よろしくお願いいたします。

「サウミ」ではありません「サカイ」です。
珍しい苗字だとよく言われるので調べてみましたがなにもわかりませんでした。

佐海さんはおっちゃんです。
実は、この前まで町の不動産会社の社長さんやってました。

振り返ると不動産業界に35年間、不動産会社の経営を25年間やってました。
仲介・管理・分譲住宅(建売)・注文建築・リフォームと何でもやってました。何でもしないと食べていけなかっただけです。
お蔭でいろんな経験させていただきました。

そんな佐海さんが
不動産にご関心のあるみなさん向けに「ブログ」と言うものを書くことになりました。

そこそこ長くやって来たので私事を交えて経験として書くこと少しはあるかもしれません。

でも、みなさんのお口に合うような面白いお話しが書けるか自信ありませんが
皆さんが関心をお持ちであろうことや誤解していることなどを中心に

抱腹絶倒とは言いませんが不動産にまつわる話題の中には
みなさんの想像以上に面白いのものがあり
不動産屋さんの目線を交えて現場のリアルなお話しとして
出来るだけ他では目にすることのできない
レアな話題をお伝えできれば幸いです。

早速ですが

不動産屋さんは、儲かっているとみなさんは思っているでしょ!

儲かっている不動産会社もありますが、殆どの不動産屋さんは儲かる時もありますが、つらい時も多いです。10年かけて築いた資産も経済のひずみの時期には吐き出すことも多く、相対的には決算してみると税金払ってチャンチャンの年が多いです。

お国に税金お支払いさせていただき従業員さんに給与支払う為にやっているような!?

結局、どんな商売も同じで経済の動向を的確に把握し、よほどうまく立ち回って行かないと会社を成長させていくことはできません。

そこは不動産屋さんも例外ではありません。

取り扱う商品が高額なのと、残念ながら不動産業界の不透明性と派手でグレーなイメージがまだまだあり、どうしても誤解されてしまうのですが、

「不動産屋さんは儲かっているに違いない」と言う迷信みたいな思い込みが誤解である事をみなさんにお伝えさせていただきます。

昨今では駅前に行き「石」を投げれば不動産屋さんに当たりますよね
その辺の事を考えていただければ
だいたいなんとなく納得していただけるのでは。

不動産屋さんがどんな風に仕事をして、どんな風に儲けているのか、そのあたりの秘密もこのブログで徐々に明らかにして行こうと思います。どうぞ、よろしくおつきあいください。